スーパー戦隊シリーズ歴代の視聴率ランキングまとめ【平均値・最高値】

スーパー戦隊シリーズ

今回はスーパー戦隊シリーズの視聴率ランキングをピックアップ!

スーパー戦隊シリーズは1975年にスタートした秘密戦隊ゴレンジャーから2018年放送中の快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーまで現在実に42作品が制作されています。

この中で一番平均視聴率が良かったのは一体どの戦隊なのか?

また、歴代で最高視聴率を記録したのはどの戦隊か?

気になるポイントについてランキング形式で解説も交えながらまとめてみました。

スーパー戦隊シリーズ歴代の視聴率ランキング

リセ
歴代のスーパー戦隊を一挙にランキング!
サチ
平均視聴率ではどの戦隊が一番なのかしら?

第42位~31位

宇宙戦隊キュウレンジャー
第42位:宇宙戦隊キュウレンジャー
平均視聴率:3.0%
放送期間:2017年2月12日~2018年2月4日

動物戦隊ジュウオウジャー
第41位:動物戦隊ジュウオウジャー
平均視聴率:3.4%
放送期間:2016年2月14日~2017年2月5日

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー
第40位:快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー
平均視聴率:3.5%
放送期間:2018年2月11日~放送中

手裏剣戦隊ニンニンジャー
第38位:手裏剣戦隊ニンニンジャー
平均視聴率:3.8%
放送期間:2015年2月22日~2016年2月7日

烈車戦隊トッキュウジャー
第38位:烈車戦隊トッキュウジャー
平均視聴率:3.8%
放送期間:2014年2月16日~2015年2月15日

獣電戦隊キョウリュウジャー
第37位:獣電戦隊キョウリュウジャー
平均視聴率:3.9%
放送期間:2013年2月17日~2014年2月9日

特命戦隊ゴーバスターズ
第36位:特命戦隊ゴーバスターズ
平均視聴率:4.1%
放送期間:2012年2月26日~2013年2月10日

超力戦隊オーレンジャー
第35位:超力戦隊オーレンジャー
平均視聴率:4.5%
放送期間:1995年3月3日~1996年2月23日

激走戦隊カーレンジャー
第34位:激走戦隊カーレンジャー
平均視聴率:4.8%
放送期間:1996年3月1日~1997年2月7日

海賊戦隊ゴーカイジャー
第33位:海賊戦隊ゴーカイジャー
平均視聴率:5.0%
放送期間:2011年2月13日~2012年2月19日

炎神戦隊ゴーオンジャー
第32位:炎神戦隊ゴーオンジャー
平均視聴率:5.1%
放送期間:2008年2月17日~2009年2月8日

獣拳戦隊ゲキレンジャー
第31位:獣拳戦隊ゲキレンジャー
平均視聴率:5.2%
放送期間:2007年2月18日~2008年2月10日

比較的新しい作品がラインナップされている視聴率3~5%の戦隊シリーズがこちら。

録画機器が発達した現代社会ではほぼ視聴率=人気のバロメーターであるとはあまり言えないので、一概に人気が無いというわけではありません。

また、子供の減少やテレビ以外の娯楽の充実なども影響してきていますが、視聴率よりも実は大事なのは玩具の売上。

こんなふうに視聴率が昔と比べて低いからといって、打ち切りなどにはならないのが戦隊シリーズの特徴ですね。

第30位~21位

天装戦隊ゴセイジャー
第30位:天装戦隊ゴセイジャー
平均視聴率:5.4%
放送期間:2010年2月14日~2011年2月6日

忍者戦隊カクレンジャー
第29位:忍者戦隊カクレンジャー
平均視聴率:5.7%
放送期間:1994年2月18日~1995年2月24日

侍戦隊シンケンジャー
第28位:侍戦隊シンケンジャー
平均視聴率:5.9%
放送期間:2009年2月15日~2010年2月7日

地球戦隊ファイブマン
第26位:地球戦隊ファイブマン
平均視聴率:6.5%
放送期間:1990年3月2日~1991年2月8日

電磁戦隊メガレンジャー
第26位:電磁戦隊メガレンジャー
平均視聴率:6.5%
放送期間:1997年2月14日~1998年2月15日

救急戦隊ゴーゴーファイブ
第25位:救急戦隊ゴーゴーファイブ
平均視聴率:6.6%
放送期間:1999年2月21日~2000年2月6日

轟轟戦隊ボウケンジャー
第24位:轟轟戦隊ボウケンジャー
平均視聴率:6.7%
放送期間:2006年2月19日~2007年2月11日

五星戦隊ダイレンジャー
第23位:五星戦隊ダイレンジャー
平均視聴率:7.0%
放送期間:1993年2月19日~1994年2月11日

90年代~00年代を代表するような作品がラインナップ。

天装戦隊ゴセイジャーの千葉雄大さん、侍戦隊シンケンジャーの松坂桃李さんなど、戦隊ヒーロー出身者が今でも広く活躍していますね。

ちなみに平均視聴率が低かったからといって決して面白くない作品ばかりというわけではありません。

中でも五星戦隊ダイレンジャーは変身できなくなったメンバーが素面名乗りをするシーンは今でも話題になるほどキレキレで素晴らしかったですね。

第20位~11位

特捜戦隊デカレンジャー
第18位:特捜戦隊デカレンジャー
平均視聴率:7.1%
放送期間:2004年2月15日~2005年2月6日

爆竜戦隊アバレンジャー
第18位:爆竜戦隊アバレンジャー
平均視聴率:7.1%
放送期間:2003年2月16日~2004年2月8日

未来戦隊タイムレンジャー
第18位:未来戦隊タイムレンジャー
平均視聴率:7.1%
放送期間:2000年2月13日~2001年2月11日

恐竜戦隊ジュウレンジャー
第18位:恐竜戦隊ジュウレンジャー
平均視聴率:7.1%
放送期間:1992年2月21日~1993年2月12日

鳥人戦隊ジェットマン
第18位:鳥人戦隊ジェットマン
平均視聴率:7.1%
放送期間:1991年2月15日~1992年2月14日

忍風戦隊ハリケンジャー
第17位:忍風戦隊ハリケンジャー
平均視聴率:7.5%
放送期間:2002年2月17日~2003年2月9日

高速戦隊ターボレンジャー
第16位:高速戦隊ターボレンジャー
平均視聴率:7.6%
放送期間:1989年2月25日~1990年2月23日

魔法戦隊マジレンジャー
第15位:魔法戦隊マジレンジャー
平均視聴率:7.7%
放送期間:2005年2月13日~2006年2月12日

星獣戦隊ギンガマン
第14位:星獣戦隊ギンガマン
平均視聴率:7.9%
放送期間:1998年2月22日~1999年2月14日

百獣戦隊ガオレンジャー
第13位:百獣戦隊ガオレンジャー
平均視聴率:8.8%
放送期間:2001年2月18日~2002年2月10日

ジャッカー電撃隊
第12位:ジャッカー電撃隊
平均視聴率:9.8%
放送期間:1977年4月9日~1977年12月24日

2000年代の作品が数多くラインナップされていますが、注目したいのはジャッカー電撃隊。

戦隊シリーズ2作目のジャッカー電撃隊は実は放送当初は視聴率20%台を記録していたのですが、そのシリアスなストーリーからだんだんと視聴率が低迷。

1年の放送期間を待たずして打ち切りになってしまいました。

しかしハードなストーリーや途中から登場するビッグワンの存在感などは今でも評価されています。

逆にこの中で最も視聴率で話題になっていたのが百獣戦隊ガオレンジャー。

平均では8.8%ですが、日曜の朝から2桁台の視聴率も叩き出していた上に玩具の売上、劇場版の興行収入など様々な記録を打ち立てています。

また、特捜戦隊デカレンジャーは今でも良くクローズアップされる人気のある作品ですね。

第10位~4位

超獣戦隊ライブマン
第10位:超獣戦隊ライブマン
平均視聴率:10.5%
放送期間:1988年2月27日~1989年2月18日

超電子バイオマン
第10位:超電子バイオマン
平均視聴率:10.5%
放送期間:1984年2月4日~1985年1月26日

科学戦隊ダイナマン
第9位:科学戦隊ダイナマン
平均視聴率:10.6%
放送期間:1983年2月5日~1984年1月28日

電撃戦隊チェンジマン
第8位:電撃戦隊チェンジマン
平均視聴率:11.1%
放送期間:1983年2月5日~1984年1月28日

光戦隊マスクマン
第7位:光戦隊マスクマン
平均視聴率:11.4%
放送期間:1987年2月28日~1988年2月20日

バトルフィーバーJ
第6位:バトルフィーバーJ
平均視聴率:12.0%
放送期間:1979年2月3日~1980年1月26日

超新星フラッシュマン
第4位:超新星フラッシュマン
平均視聴率:12.3%
放送期間:1986年3月1日~1987年2月21日

大戦隊ゴーグルファイブ
第4位:大戦隊ゴーグルファイブ
平均視聴率:12.3%
放送期間:1982年2月6日~1983年1月29日

スーパー戦隊シリーズ初期を支えた作品が勢揃い。

視聴率10%~12%平均は今ではなかなか無いですし、改めて人気の高さがわかりますね。

やはりテレビが娯楽としてまだ世帯の中心にあった時期でしょうし、

中でも超獣戦隊ライブマンはシリーズ通して初めて1号ロボと2号ロボがスーパー合体するという演出、さらに3人戦隊が途中から5人になるなど今でも高い評価を得ている作品です。

第3位:太陽戦隊サンバルカン

太陽戦隊サンバルカン
平均視聴率:12.5%
放送期間:1981年2月7日~1982年1月30日

シリーズではじめて、動物がモチーフとなった戦隊でなおかつメンバーが男性3人のみという特徴のある作品です。

また、歴代スーパー戦隊シリーズでも類を見ない「レッド役の途中交代」があったのは衝撃的でした。

第2位:電子戦隊デンジマン

電子戦隊デンジマン
平均視聴率:13.5%
放送期間:1980年2月2日~1981年1月31日

○○戦隊という呼称・変身アイテム・ヘルメットのゴーグルデザイン・色別のメンバー・怪人を倒す→巨大化してロボ戦など今では戦隊シリーズのお約束となっているスタイルはこの電子戦隊デンジマンで全て確立されたものです。

実は次作の太陽戦隊サンバルカンは直接の続編となっている今では珍しい作品。

第1位:秘密戦隊ゴレンジャー

秘密戦隊ゴレンジャー
平均視聴率:16.1%
放送期間:1975年4月5日~1977年3月26日

歴代のスーパー戦隊シリーズ平均視聴率第1位は秘密戦隊ゴレンジャーでした。

放送期間が実に2年となっているのにこの平均視聴率を保っているのはとてつもないことだと思います。

もちろん時代背景もあったかもしれませんが、やはり初代は強いといったところでしょうか。

歴代のスーパー戦隊シリーズ視聴率最高値は?

リセ
歴代のスーパー戦隊で最高視聴率を記録したのはやっぱりあの作品!

され、歴代のスーパー戦隊シリーズで平均視聴率に注目してみましたが、最も視聴率の高かったのはどの作品なのか?

実は歴代でも最高視聴率を記録したのは同じく秘密戦隊ゴレンジャー!

その最高視聴率はなんと22.1%!

一番視聴率が低いときでも8.7%だったということですから、やはり初代は強かったということでしょうか。

歴代のスーパー戦隊シリーズを視聴するならHulu!

サチ
歴代スーパー戦隊シリーズを視聴できるおすすめの動画配信サービスはこれ!

現在放送中の快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーを含めて、実に42作品もあるスーパー戦隊シリーズ。

今から見たい!と思ってもどうすれば一番手軽にシリーズを視聴できるのか悩みますよね。

現時点で一番気軽にスーパー戦隊シリーズを視聴したいのであれば、おすすめはHulu!

Huluと他の動画配信サービスを比較してみると

  • U-NEXT・・・戦隊シリーズの配信数が少ない
  • auビデオパス・・・劇場版やスピンオフ作品が充実しているがほとんど別途ビデオコインが必要
  • dTV・・・auビデオパスよりは見放題設定が多いがそれでも別途課金が必要な作品がある

などなど、U-NEXT以外はそれなりに作品数はあるもののどうしても別途ポイント等が必要になってきます。

基本的に動画配信サービスは「初回の無料お試し期間」がついてくるので、それを利用して見放題に設定されている作品は月額会員同様に楽しめるのがメリットです。

もちろんポイントが必要な作品等は無料期間であっても別途課金しなければいけません。これはめんどくさいですよね。

しかしHuluならばそんな心配は一切不要!

Huluは「全ての動画が見放題」なので、面倒なポイントや都度課金は一切ありません。

月額のみで配信されている作品全てを好きなだけ視聴することができます。

ちなみにHuluの場合は「2週間の無料お試し期間」がついてくるため、2週間の間は好きなだけ動画を楽しむことが可能!

現時点でテレビシリーズが全話配信されている歴代スーパー戦隊シリーズがこちら。

・烈車戦隊トッキュウジャー

・獣電戦隊キョウリュウジャー

・海賊戦隊ゴーカイジャー

・炎神戦隊ゴーオンジャー

・轟轟戦隊ボウケンジャー

・獣拳戦隊ゲキレンジャー

・特命戦隊ゴーバスターズ

・天装戦隊ゴセイジャー

また各種戦隊シリーズの劇場版スピンオフ作品も多数ありました。
※2018年7月現在の情報です。配信状況は変わっている可能性がありますので公式サイトでご確認下さい

ちなみに今もっともHuluで人気のスーパー戦隊シリーズは烈車戦隊トッキュウジャー

おそらくトッキュウ1号役の志尊淳さんが最近ブレイクしはじめているからでしょうね。

また、特命戦隊ゴーバスターズはそれまでの戦隊シリーズのフォーマットから色々変わっていてドラマ性も高いのでおすすめです。

歴代のスーパー戦隊について知りたいなら海賊戦隊ゴーカイジャーなんかも良いですね。

どのスーパー戦隊シリーズも見て絶対に損はしない作品ばかりなのでぜひぜひ楽しんでみてください♪

スーパー戦隊シリーズ歴代の視聴率のまとめ

ということでスーパー戦隊シリーズ歴代の視聴率ランキングについてまとめてみました。

スーパー戦隊シリーズは今も昔も子どもたちに愛されるヒーローとして絶対の人気を誇っています。

ただ、昔と変わったのは録画して視聴する人が増えたり、単純にテレビ以外の娯楽が増えたということで全体的な視聴率は落ちている傾向ですね。

しかし昨年の宇宙戦隊キュウレンジャーのように最初から9人戦隊だったり、今年の快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーのように2つの戦隊が登場したりと制作側も様々な工夫でマンネリ化を防止しています。

完全に子供向けの戦隊シリーズもありましたが、今では仮面ライダーシリーズと同じくらいイケメンヒーローも戦隊には登場していますし、今までもそしてこれからも人気は衰えることは無いでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA